骨折猫のモグちゃんのお話(手術画像あり)

子猫を飼ったことのある方はご存知かと思いますが、そのやんちゃぶりといったら想像を超えるものです。
我が家のろくちゃんも壁を駆け上がろうとしたり、とても飛べない場所までジャンプしてみたり、という光景をよく目にします。
そんな子猫の動きは見ていて飽きないし微笑ましい♡・・・という範囲ならいいのですが、中には大失敗をして骨折してしまう子もいます。img_5714

夏のある日、前足がブラブラの状態で来院した6か月齢のアメリカンカール、モグちゃん。
朝起きたらそんな状態だったそうで直接の原因はわかりません。
レントゲンを撮ってみると、右上腕骨が斜骨折していました。
来院時のレントゲンがこちら。斜めに折れた骨がずれて重なってしまっています。
そこで骨の中にピンを入れて固定する手術をすることになりました。

整形外科の手術は、写真のように特殊な器具をたくさん使います。
ピンとかドリルとかノミとかペンチとか、まるで工具みたいなものまであるんですよ。

img_5765
また骨の手術はとても痛いので麻酔にも最大限配慮し、鎮痛剤を持続点滴しながら行います。

患部をあけてみると、ずれた骨が重なって現れました。
まずその骨髄内にピンをさして、ズレを直します。
そしてピンの固定を強化するため、ワイヤーを2箇所に巻きました。
固定前
img_5766

 

 

固定中

 

 

固定後


術後の回復はとても順調で、3か月たった現在は、おうちで元気に走り回っているそうで、トップ画像のようにレントゲンでも問題ありませんでした。
これからは気を付けてね、モグちゃん。今度は去勢手術での来院をお待ちしていますよ!

この記事を書いた人

獣医師 伊村晶子
獣医師 伊村晶子
ポックル動物病院が、地域の人に愛される病院となっていけたら嬉しいなと思っています。ポックル動物病院を通じて、動物のため、そして飼い主様のためにお力になりたいです。

関連記事

  1. ワクチンのアレルギー、うちの子は大丈夫?

  2. 秋の健康診断キャンペーン実施中

  3. 秋の健康診断キャンペーンのお知らせ

  4. 犬の腹部超音波検査

    家族総出の機器選び

  5. デグーの不正咬合

  6. 春の健康診断とフィラリア予防薬のご紹介

最近の記事

  1. カメの中耳炎

    2019.10.11

PAGE TOP