ラットの腫瘍摘出手術(※手術写真あり)

ラット、と聞くと実験動物というイメージを持つ人が多いのではないでしょうか?
しかし当院にはペットとして、ご家庭でかわいがられているラットが来院し、どの子もとても人懐こいです。
ファンシーラットとして、ペットショップでも人気があるみたいですね。

足に腫瘍をかかえたラットのチュチュちゃんも超性格美人のラットちゃんのひとり。
数週間で急成長してしまった直径4cm近くある腫瘍を太ももにつけての来院。
レントゲン検査での骨反応はなく、一般状態も悪くなかったので、すぐ手術で摘出することになりました。

ラットの手術をする病院は多くないかもしれませんが、それは麻酔の難しさもあるのではないでしょうか。当院では獣医2人、看護師1人の三名フル稼働で、術者、麻酔、助手・外野を分担します。ラットは犬猫のように人工呼吸器で呼吸管理できません。モニターできるのは心電図とSPO2(酸素飽和度)くらいなので、麻酔担当は緊張感120%状態。各種緊急薬をスタンバイしつつ、お腹から目を離さず呼吸を監視しつづける必要があります。
operation monitering for rat P1300509

まずは術前の注射(前投薬)。そして酸素化処置、麻酔をいれてモニターをつけ、毛刈り。
少しでも麻酔時間を短縮するためにスピードも要求されます。
術野の消毒を済ませたらオペ開始。皮膚を切るとすぐそこまで腫瘍が出てきます。
これを切り離すのですが、急成長を遂げてきた腫瘍なだけに血流がしっかり通っているので、正確な止血がポイントです。
小さな血管は極細電気メスで、大きな血管は糸で結紮しながら進めていきます。
P1300514 P1300519

 

 

 

そして腫瘍下の筋肉や骨組織との癒着もなく、無事に分離!
あとは閉じるだけですが、これだけ大きな腫瘍がなくなると死腔と呼ばれるスペースができて浸出液がたまってしまうので、スペースを埋めながら縫合していきます。最後に外科用ステープラーで皮膚をとめて完了。約1時間強でほっと一息。

P1300532

麻酔を切ってからの覚醒は非常にスムーズで、チュチュちゃんはすぐに動きだしました。しばらく後に水を入れると、すぐにぺろぺろと飲んでくれました。その姿の可愛らしいことといったら・・・他のどの動物もかないません!
しかし案の定、傷口は気になる様子・・・カミカミし始めそうだったので、特製エリザベスカラーを設置させてもらいました。そして2泊の入院のうちに、全スタッフがチュチュのとりこになるほど、愛らしい姿を振りまいてくれたチュチュちゃん。
抜糸できるまでの1週間、カラーはちょっと煩わしいかもしれませんが、今後の快適な生活を願うばかりです。

この記事を書いた人

獣医師 伊村晶子
獣医師 伊村晶子
ポックル動物病院が、地域の人に愛される病院となっていけたら嬉しいなと思っています。ポックル動物病院を通じて、動物のため、そして飼い主様のためにお力になりたいです。

関連記事

  1. 猫の避妊去勢手術について

  2. vet with hamster

    ハムスターの腫瘤切除

  3. 半導体レーザー、始めました。

  4. 胆嚢破裂を乗り越えたポコちゃんの話

  5. 未避妊のわんちゃんに多い病気

  6. カメレオンの卵胞うっ滞手術

最近の記事

PAGE TOP