ミーアキャットの去勢手術と臭腺摘出

皆さんこんにちは。
だいぶ暖かい日も続きますが、寒暖差のせいか、うさぎさんや小鳥さんの体調不良が続々とご来院されています。
特に急に寒くなるような日は、動物さんたちの体調に気をつけてあげてください。

今回は、ミーアキャットの去勢手術について。
ミーアキャットは、まだまだ一般的なペットとは言えませんが、愛嬌のある顔立ちとか、仕草とか、やはりたまらないものがありますよね。
飼育されている方も少しずつ増えている印象です。

ミーアキャットの男の子は特に、肛門の横にある臭腺から独特の匂いが強めにでるため、その予防のため手術を希望される方もいらっしゃいます。

今回手術に来院されたのは、ミーアキャットのおもちくん。
手術は、犬猫と同じく、全身麻酔をかけた上で行います(右上写真)。
去勢の手術をした後、うつ伏せにして肛門周りの消毒をして臭腺の手術開始。
肛門の4時と8時の位置に臭腺はありますので、細いチューブを通して場所を確認します。
場所をハッキリさせた上で慎重に臭腺を他の組織から分離していきます。
分離し終えた臭腺がこちら。

この臭腺を根元から切除して、縫合したら手術は終了です。
術後の回復も非常にスムーズで、特にトラブルなく麻酔は終了。

退院したのち、少し傷口をいじってしまうトラブルはありましたが、無事に傷は治ってくれました。
病院ではちょっぴりドキドキしながらも可愛らしい顔でスタッフに大人気だったおもちくん。
これからも幸せに過ごしていってくださいね!

この記事を書いた人

院長 伊村啓
院長 伊村啓
動物病院は、飼い主様と一緒に、大切な家族である動物たちの幸せを考え、不安や苦しみを解消する場です。検査もただ行えば良いという訳ではありませんので、必要な理由をきちんとご説明した上で進めていきます。筋道を立て、とにかく分かりやすく説明する事には特に力を入れています。

関連記事

  1. うさぎの避妊、少し詳しくご紹介。(手術画像あり)

  2. モルモットの尿道結石

  3. お気に入りの〇〇〇がない!? そんな時はご注意を・・・

  4. 半導体レーザー、始めました。

  5. 道新情報誌の取材を受けました

  6. キバタンの右体側腫瘍切除

最近の記事

PAGE TOP