ハムスターの腸重積

こんにちは、動物看護師の上野です。
急に寒くなってきたので、動物さん・飼い主様ともに体調を崩さないようにお気を付けください!

さて、今回はハムスターの腸重積についてです。

以前、上野家のジャンガリアンハムスターをブログでご紹介いたしましたが(その時のブログはこちら)
その子の他に「味噌」という名前のゴールデンハムスターも飼育していました。
今回ご紹介するのは、他でもなく味噌に起こった出来事です。

そもそも腸重積とはどんな病気なのか、皆様ご存じでしょうか。
下図のように腸管の一部が巻き込まれ、重なってしまった状態を腸重積といいます。

腸重積になる主な原因
・消化管内の感染
・消化管内の炎症
・下痢

主な症状
・腹痛
・血便
・肛門からの出血
・脱腸

飼い主様が普段の健康チェックで気が付きやすいのは、下痢・腹痛・出血・脱腸あたりではないでしょうか。

 

では、腸重積発見の前日からの流れをお話ししたいと思います。

発見前日までは食欲・元気は有り、体重に大きな変化は無く、下痢もしていませんでした。

 

当日、仕事から帰宅すると床材に数か所出血跡があり、お尻からの出血だと気が付きました。

お尻を大きく振るように1歩ずつ歩いていたため、腹痛もあったようです。

 

翌朝、脱腸していたので急いで出勤し、院長の診察にて腸重積の診断を受けました。
幸い日曜日だったため、とび出した腸が壊死しないように押し戻しつつ、診察時間後にすぐ手術開始です。

早期に発見できたこと、脱腸後に管理が出来たこともあり手術は上手くいきました。
麻酔からの覚醒も悪くなく、あとは本人の頑張り次第です。

手術後は1日入院させて次の日に一時帰宅。

手術や注射に耐え、少し回復してきたと思っていた矢先、
深夜2時頃 7ヵ月齢という若さで天国へ旅立ちました。
(※院長注:残念ですが腸重積の予後は悪く、手術を乗り切ってくれても50%以上が亡くなってしまいます。)

「もっと一緒にいたかった」というのが本音ですが、
腸重積の恐ろしさを味噌が身をもって教えてくれたこと、今では感謝の気持ちでいっぱいです。

日常のちょっとした変化に気付けるのは、飼い主様だけです。
先述した症状が出た時はもちろん、何か気になる事が有れば、お早めにお電話ください。

 

 

 

 

この記事を書いた人

看護師 上野
看護師 上野
院長を除いて唯一の男性スタッフです。大型犬の診察補助など、他の看護師では難しいけれど男性看護師だからこそできる事を常に考え、行動しています。大型犬だけでなく運動器疾患のある子、また飼い主様や他スタッフの手足となり、少しでも動物達が健康に快適に過ごせるよう、お力になれればと思っております。

関連記事

  1. フクロモモンガの去勢

  2. 歯はキレイなだけじゃダメ?

  3. フェレットの胃内異物(手術画像あり)

  4. 5周年記念イベントのご報告

  5. ハムスターの毛包虫症

  6. 頬袋、でちゃいました。

最近の記事

PAGE TOP