2019年、秋の健康診断始まりました!

こんにちは!看護師の阿部です。
急に寒くなり秋が訪れましたね!季節の変わり目は体調の変化に注意してください。
私は風邪をひいてしまいましたが…(笑)
風邪の予防も大事ですが、ワンちゃん・ネコちゃんの健康診断も大事です。
ワンちゃん・ネコちゃんは人に換算すると1年に4歳ずつ歳をとるので、最低でも7歳以下の子は年に1回、8歳以上の子は年に2回の健診をおすすめしております。
ちなみに私の飼っている猫はまだ2才ですが、去年肝臓の数値が高かったため今年の春の健康診断をしましたが特に問題なく、安心しました(*^^*)

普段はなんともなく生活していても、検査をしたら病気がみつかることもあります。病気によっては早く治療を始めるほど寿命がのびることも。

例えばお水をよく飲む姿をみるようになった、咳をするようになった、最近痩せてきた・太ってきた、食べる量が増えた・減った、おしっこの量が多くなった、おしっこの色がオレンジ色、逆にうすく水みたい・・・など。ちょっとしたことでも、ぜひ健康診断をうけてみてはいかがでしょう!

わんちゃんとねこちゃんの健康診断には3つのコースがあります。
①一般コース(身体検査・血液検査)
②高齢コース(一般コースより詳しい血液検査)
③半日お預かりコース(身体検査・血液検査・レントゲン・超音波検査)
健康診断を受ける際は、血液検査を正確にするために6時間の絶食をお願いしております。なので、その日の朝ご飯は抜いて来院をお願いします。

ウサギさん向けにも3コースあります。
①初めてセット (聴診、腹部触診、便検査、切歯・臼歯、眼のチェック、爪切り)
②うさぎドックセット  (血液検査、聴診、腹部触診、切歯・臼歯・眼のチェック)5歳以上のうさぎさんに年1回はやっておいて欲しいコース。
③しっかりセット (②にレントゲン検査を追加したコース)心臓や肺、消化管、腎臓などの異常を検出できる一番安心のコースです。

フェレットさん向けには2コースあります。
①基本セット (身体検査、血液検査)副腎疾患、インスリノーマ、リンパ腫などの病気が多いので、若い子で健康状態に不安のない子でも年2回は血液検査をしてあげることがおすすめです。
②しっかりセット (①にレントゲン検査を追加したコース)高齢な子はホルモン疾患、心臓疾患、内臓疾患が増えるのでレントゲン検査がおすすめです。

小鳥さん向けにも2コースあります。
①基本セット (便・そのう検査、血液検査、レントゲン検査)小鳥さんは寒くなると体調をくずす子も多いので今のうちに検査しておきましょう。
②安心セット (基本セットにPBFD、鳥クラミジア検査が加わったコース)先住の小鳥さんがいるお家に新しい子をお迎えする時は感染症も含むこちらのコースがおすすめです。

健康診断を受ける際は必ずご予約をお願い致します!

まだ、秋の健康診断のお知らせがお家に来ていない方がいるかと思いますが…

実は増税前に投函が間に合わず…今スタッフ総出で1円切手を貼る作業に追われております(*_*)
お知らせが遅くなり申し訳ございません。

ハガキが来ていなくても、健康診断は受けることはできますのでお電話お待ちしております。

この記事を書いた人

看護師 阿部
看護師 阿部
ポックル動物病院ではいろいろな動物を診るので、その動物にあった治療の手助け(補助)が出来ればと思います。飼い主さんが不安な事やわからない事などを気軽に話せるような看護師を目指しています。

関連記事

  1. ウロコインコの大腿骨骨折手術

  2. 文鳥の卵づまり(動画あり)

  3. サラツヤのひ・み・つ

  4. たくさんの参加ありがとうございました!

  5. 猫ちゃんを探しています

  6. 小鳥の痛風

最近の記事

  1. カメの中耳炎

    2019.10.11

  2. 秋といえば…

    2019.09.19

PAGE TOP