今さら聞けないフィラリアのお話

暖かい日が続いてお散歩が楽しい季節になってきましたね(^-^)
もうすぐ6月になりますが、みなさんフィラリアの予防の準備はできていますか?

フィラリア症とは、蚊を介して犬の心臓や肺動脈に寄生する寄生虫が起こす病気です。犬だけでなく、猫もかかります!!
犬フィラリアは成虫になると30センチにもなる糸状の寄生虫です。
蚊に刺されて犬フィラリアが寄生すると血液の流れが悪くなり、様々な障害が出現します。放置すれば死に至ることもある、犬にとっては重大な病気です。そんな怖い病気ではありますが、事前の予防ができる病気です。
北海道では、6~11月に予防が必要です!!
当院にもフィラリア予防薬が、4種類あります。(写真左から順に)
1.錠剤タイプ・・・一番経済的です。毎月1回、錠剤を飲むことが出来る子におすすめです。
2.おやつタイプ・・・錠剤を飲むのが苦手な子におすすめです。
3.マダニ予防もできるタイプ・・・マダニとノミの予防まで毎月1錠で済ませることのできる錠剤です。
4.注射タイプ・・・1回の注射で1年有効。ついうっかり飲み忘れの心配のある子にオススメです。
どれにしようか迷っている方は1カ月分でもお渡しできますし、6ヵ月分のおまとめ購入の方には10%割引きもしていますので、ご相談くださいね。
またフィラリア予防をする前に気をつけなければならないこと、それがフィラリア抗体検査です。IMG_5115
フィラリアに感染したわんちゃんが予防薬を飲むと、血液内でフィラリア虫体が詰まってショック症状を起こすことがあります。検査は血液1滴、数分で結果が出ますので、当院ではお薬を出す前に必ず検査をしています。

錠剤ののませ方は、下記の動画を参考にしてくださいね。
犬の診療案内ページはこちら

この記事を書いた人

看護師 山田
看護師 山田
看護師長として責任もありますが、やりがいも感じています。スタッフ全員が働きやすく、暖かい雰囲気の職場を目指しています。年齢関係なく話しやすいフレンドリーな師長を目指して頑張りたいと思います。

関連記事

  1. マダニ注意報!

  2. 病院の仲間①とらえもん

  3. そもそも狂犬病ってどんな病気?

  4. ギネスに挑戦?!

  5. リンパ管拡張症(タンパク喪失性腸症)

  6. 犬の腹部超音波検査

    家族総出の機器選び

最近の記事

  1. カメの中耳炎

    2019.10.11

  2. 秋といえば…

    2019.09.19

PAGE TOP