上野家に新しい家族が増えました!

こんにちは、看護師の上野です。

少しづつ暖かい日が増えてきて、過ごしやすくなってきましたね。
季節の変わり目は人も動物も体調を崩しやすいので気を付けましょう。

タイトルにもある通り、この度上野家に新しい動物がやってくることになりました。

アイキャッチ画像で何の動物か分かった方はいるでしょうか?

正解はジャンガリアンハムスターです!
名前はゴマ吉(ごまきち)です。 最初はゴマにしようと思いましたが他と被らない名前がいいと思い、男の子なのでを付けました。

 

1月の初めにフラっと立ち寄ったペットショップで一目惚れし、店員さんにお願いして触らせてもらうと真っ直ぐこちらに向かってきて指先を舐めてくれたので、これはもう運命だと思いその場で道具も揃え連れて帰り、あっという間に我が家のアイドルになりました。

11月生まれなので、2か月齢で十分成長も終わる頃合いです。
しかし、かなり小柄な子だったので、家に帰って体重を測るとなんと28g!

ジャンガリアンハムスターの平均体重は、体格にもよりますが 約35~45gほど。

太りすぎも良くないですが、痩せすぎも良くないので、体重を増やすために少し多めのごはんを与え、一か月経った今では37gまで増やすことに成功しました!
今後は太りすぎないように注意したいと思います。

もう一つ日常的に注意しなければいけないことが温度管理です。

我が家は木造のため冬は室内でもものすごく寒くなります・・・
ハムスターの飼育をする際の適正温度は20℃~25℃
暖房なしでの上野家の室温は10℃ほどしかありません。

「うさぎヒーター」の画像検索結果

とてもハムスターが生きていける環境ではないので、
小動物用の保温電球とサーモスタットでゲージ内の
温度は20℃前後に保ち、少し大きいゲージなので
寝床の周辺を左のウサギ用のヒーターで温めています。
こうすることで、本人の意思によって温度の違うところへ移動できるので
重宝しています。

 

ハムスターの寿命は約2年とかなり短いです。
うちに来てよかったと思ってもらえるように、たくさんの愛情を注いでいきたいと思います。

この記事を書いた人

看護師 上野
看護師 上野
院長を除いて唯一の男性スタッフです。大型犬の診察補助など、他の看護師では難しいけれど男性看護師だからこそできる事を常に考え、行動しています。大型犬だけでなく運動器疾患のある子、また飼い主様や他スタッフの手足となり、少しでも動物達が健康に快適に過ごせるよう、お力になれればと思っております。

関連記事

  1. 新型コロナウイルス ペットへの影響

  2. 忘れないで!わんこの怖い病気

  3. 備えあれば患いなし

  4. ポックル動物病院テレビデビュー☆

  5. 元気な鼠年を迎えるために

  6. ヨーロッパの犬事情

最近の記事

PAGE TOP