ワンワンしつけ第4弾☆初めて会ったワンちゃんへの対応!

皆さんこんにちは、寒い中皆さんどうお過ごしですか?インフルエンザなどにはかかっていませんか?
来年の春から、ドックランに行く人・ワンちゃんを連れて旅行する人が増え、知らないワンちゃん・知らない人に会う事が増えてくると思います。なので、今回は初めて会うワンちゃん同士の接し方と、初めて会うわんちゃんとの正しいふれあい方をお話していきます。

まず、初めて会うワンちゃん同士の接し方から。

①ワンちゃんは初めて会うワンちゃんと鼻と鼻をくっつけます。ここでは「こんにちは」と挨拶をしています。

②そのワンちゃんの事をもっと知りたいと興味が沸き、お互いにお尻をかぎあいます。

警戒心の強いワンちゃんは、「鼻をくっつけるのは良いけどお尻をかぎあうのは嫌だ」と思っているときもあるので飼い主さんが無理やりお尻に顔をくっつけるのはタブーです。

③仲良くなれそうとお互い判断し、ワンちゃん同士で走り回ります。

一般的には、このようにあいさつをすると言われていますが、その子によってあいさつの仕方も様々なので絶対にこのようなあいさつをするとは限りません。あいさつが嫌だなと思っているわんちゃんもたくさんいます。自分のわんちゃんがあいさつを嫌がっているのかどうかは、飼い主さんが判断し時には抱っこなどをしてくて対応してあげましょう。
判断材料としては、後肢の間に尾を入れる・口を閉じている・ワンちゃん同士目を合わせない、など様々な材料があります。ワンちゃんが嫌がっているかどうかを理解してあげることで、ワンちゃん同士のをケンカを未然に防ぐ事ができますし、ワンちゃんも嫌な思いをしません。

次に初めての会うワンちゃんとの正しいふれあい方です。

初めての会うワンちゃんにいきなり触るのはタブーです。
ワンちゃんにも、人が大好きな子・初めての人が怖い子等様々です。ワンちゃんに触る為には、飼主さんに話しかけ、触っても良いのかを確認しましょう。もし始めて見る人が怖い子であれば飼主さんは断ってくると思います。

初めて会うワンちゃんとのふれあい方

①ワンちゃんは正面から近づいて来られると警戒心を煽る可能性があります。なのでゆっくりとカーブをえがく様に体はわんちゃんに対して外側を向くように座ってあげましょう。

②自分のにおいをかがせる。一番いいとされているのは握りこぶしです。手の差し出し方も素早く出すのではなくゆっくり出してあげて下さい。

③②番をしてみても嫌がっている様子がないのであれば、いきなり顔や肩に触るのではなく初めは胸元にゆっくり触ってあげましょう。

④そこから徐々に触る位置を高いところに移動しましょう。頭は一番デリケートなところなので一番最後に触ってあげましょう。
そうすると、ワンちゃんも気を許して触らせてくれると思います。ゆっくり焦らず行動してあげるのがポイントです。飼い主さんもワンちゃんも悪い気持ちせず、コミュニケーションをとりましょう☺

今年もあとわずかになりました…私はこの1年とても早かったように感じます。

4月からポックルスタッフになり、毎日たくさんの経験をさせて頂き、充実していました。来年はもっとステップアップしていきたいです。

皆さん良いお年をお過ごしください(^^)/★

来年もよろしくお願い致します。

この記事を書いた人

看護師 下川原
看護師 下川原
しつけの事を学びに専門学校に行きましたが、愛犬の死をきっかけに看護にも興味を持ち、しつけと看護の両面で患者さんを支えられる動物看護師になりたいと思うようになりました。

関連記事

  1. トリマーになるには

  2. シャンプーセミナー

  3. 未去勢のワンちゃんに注意が必要な病気

  4. 狂犬病ワクチン、なぜ必要なの?

  5. たかが肛門腺、されど肛門腺

  6. 暑い日はペットの体調にも要注意

最近の記事

  1. ono ryunosuke1
PAGE TOP