チラシ大作戦

ポックル動物病院の開院を地域の皆様にお知らせする方法を計画中です。
病院の存在をまずは知ってもらうために、看板、ホームページの他にも、王道と言われる折り込みチラシを北海道新聞にお願いすることにしました。
ここで気をつけなければならないことが!獣医療法第17条、という広告に関する法律があり、これに違反すると罰金という厳しいものなので内容には要注意です。
例えば経歴(○○大学卒、○○病院勤務など)、技能・療法(○○予防、○○検査、避妊、去勢など)、は禁止事項。そのため広告内容は病院の場所や診療時間、診療対象動物、そして内覧会と開院日を伝えるだけのものにしました。そこに病院の外観写真も入れたかったのですが、まだ外装工事が終わらないため、建築士さんに完成イメージ用に作成してもらったパースを掲載することに。あまりに素晴らしいパースの出来栄えに、チラシほど美しい病院じゃないじゃん!という突っ込み覚悟で使わせてもらいました。
こうして自分たちで内容とデザインを決めたら、それを印刷会社に依頼して印刷してもらいます。注文単位の関係で折り込む枚数よりかなり多くのチラシが出来てしまうので、もしチラシちょうだい、という人がいたらお送りします。そのチラシを、予め申し込んだ道新販売所にもっていくと折り込んでもらえるという手順です。

それともうひとつの広告として、ペットを飼っている人向けのフリーペーパー、「ペットライフ」にも掲載してもらうことにしました。こちらは札幌近郊まで配布されるものなので、より広く知ってもらえたらいいなと思っています。
広告、営業などの分野には全く初心者のふたりですが、これからは経営者となるので、ひとつひとつ勉強していかねばと、気の引きしまる思いです。

ポックル動物病院の名前をコロポックルからいただいて以来、コロポックルグッズにはついつい心魅かれる私たち。
パソコン画面に疲れたら、香りのいいコロポックル紅茶でほっこり休憩しています。

この記事を書いた人

獣医師 伊村晶子
獣医師 伊村晶子
皮膚科認定の資格取得に向けて勉強中。子供たちに命の大切さを伝える活動もしています。ポックル動物病院も私自身も、動物と飼い主様のお力になれるようずっと成長し続けていきたいと思います。

関連記事

  1. 今のポックルができるまで

  2. ぼたもち成長記②さんぽ

  3. 内覧会が終わりました

  4. 皆様の「ほっ」のために。

  5. 開院1カ月前

  6. 札幌市手稲区を選んだワケ

最近の記事

PAGE TOP