駐車場5台完備…の舞台裏

数年に一度の暴風雪、みなさんの所は大丈夫でしたか?
札幌市手稲周辺は予報ほどではありませんでしたが、積雪は30㎝ちょっと、場所によっては40cmほどでしょうか。ついに、何年も眠っていた融雪槽を呼び起こす日がやってきました!
私たちは北海道歴10年以上になりますが、融雪槽という物を知りませんでした。しかしポックル動物病院駐車場には、水流で雪を溶かすための秘密兵器、この融雪槽があるのです。しかしワケあってこの融雪槽、しばらく休眠しておりました。かなりの年代モノのようですが、雪が降る前に試運転したところ、サビが溶けたすごい色の液体が飛び散ってきたもの動作は確認済み。さあ、果たして雪を溶かしてくれるのか?!
しかしまずこの積雪の中で、どこに融雪槽があるのか、掘り出すのに一苦労。
雪を入れる水槽と、煙突穴を雪の中から掘り当てて、大きな煙突を差したらスイッチオン。
ウイーンという音とともに辺り一面、真っ白の中に茶色い液体が飛び散ります。それでも水槽に雪を投げ込むとみるみる溶けてゆきます。処理速度はゆっくりで、山盛になってしまうこともありますが、待てば溶けるので大助かり。1時間ちょっとのいい運動です。
そしてさらに嬉しい出来事が!この駐車場を除雪をしていると目の前の道には多くの人通りが。そして挨拶をしてみると足を止めて話しかけてくれる方がいたり、うちにも猫が、犬がという声も聞こえてきたり。そんな優しい地域の方の声に、地元でない場所での開院という不安も薄らぎ、早く開院したい思いが募るのでした。
手稲は札幌では雪の多い所ではありますが、ひとまず今シーズンは、この融雪槽を頼りに、自力で除雪を頑張ろうと思います。

関連記事

  1. 横浜小鳥の病院

    小鳥の病院を見学させて頂きました

  2. 「ポックル動物病院」が産まれたワケ

  3. 皆様の「ほっ」のために。

  4. 世界一周動物巡りから開業へ

  5. ぼたもち成長記②さんぽ

  6. チラシ大作戦

最近の記事

PAGE TOP