猫のフェロモンって?

大好きな桃の季節になって、桃のスイーツを食べ歩いている阿部です。
先日はトリマー木村さんと食べに行き満喫しました。

今回は、待合室に置いているフェリウェイのご紹介です。
フェリウェイとは、猫がリラックスできるフェロモン製剤です。
フェロモン・・・と言われてもピンとこないですよね。
フェロモンは、動物や植物などが体の外に出して同じ種類の他の個体に作用して特定の行動や変化を起こす化学物質です。
簡単にいうと、私達には見えない、匂いもない猫同士(同じ種類)にしかわからないコミュニケーションです。
いろんなフェロモンによって、恐怖や幸福などを表現しています。
また、自分の体のにおいを嗅いだ後にフレーメン反応(におい嗅いだ後に、口を開けて制止するしぐさ)は自分のフェロモンを確かめていると考えられます。



フェリウェイは環境に安心感を与えてくれるフェロモンです。
例えば、家でリラックスして甘えて顔を飼い主様に擦り付けている行動などと同じです。

それだけリラックスが出来るようにと当院の待合室に設置をさせていただきました。
待合室のこちらの長椅子はフェリウェイの拡散器が一番近いので、猫ちゃんの飼い主様はこちらで診察まで待っていただけるとリラックス効果が高いです。

※ちなみに猫以外の動物は何も感じないそうなので、効果も害もありません。


病院が怖い、いつも緊張している子はフェリウェイのスプレータイプを使ってみてください。
スプレータイプはタオルなどに振りかけてから、アルコール臭を無くすために15分ほど置いてから猫ちゃんにかぶせたりしてあげてください。猫ちゃんに直接かけるものではないので、ご注意ください。
当院の待合室に置いてある目隠し用ブランケットはフェリウェイスプレーをかけております。
よかったら使ってください。

多頭飼いで喧嘩ばかりする猫ちゃんや、自宅でマーキングをする猫ちゃん、ストレスが原因の皮膚病や泌尿器疾患の子などにもフェリウェイを使用がおすすめです。

病院に来る前に、キャリーなどにフェリウェイスプレーをかけておいて置くのも、国際猫医学会の推奨の使用方です。
キャットフレンドリークリニックとして、少しでも病院がリラックス出来て気軽に来れるよう、これからもいろいろな工夫をさせていただけたらと思います!


この記事を書いた人

愛玩動物看護師 阿部
愛玩動物看護師 阿部
ポックル動物病院ではいろいろな動物を診るので、その動物にあった治療の手助け(補助)が出来ればと思います。飼い主さんが不安な事やわからない事などを気軽に話せるような看護師を目指しています。

関連記事

  1. 春の健康診断とフィラリア予防薬のご紹介

  2. 自分ちの子の口の中を見た事がありますか?

  3. マイクロチップ登録制度が変わりました

  4. とらえもんの日常②恵方巻

  5. 骨折猫のモグちゃんのお話(手術画像あり)

  6. たくさんの参加ありがとうございました!

最近の記事

PAGE TOP