新型コロナウイルス ペットへの影響

北海道では新型コロナウイルス感染者が多く出ており、みなさんの生活への影響も大きくなってきていることと思います。
動物病院でも、医療用マスクや消毒薬の不足、参加予定だった学会や講習会のキャンセル、休校による勤務への影響などを受けていますが、診察は通常通り行っています。
また当院では毎年3月に飼い主さん向けのセミナーなどイベントを行っており、今年は3月1日に予定していましたが、延期とさせていただきました。
受付とトイレに消毒液も設置していますが、待合室で長時間待つことが不安な方はお車で待っていただくこともできますので、受付にお声かけくださいね。

さて、飼い主さんからも新型コロナウイルスはペットには感染しないのか等の問い合わせが増えています。
当院では、今のところ、心配ありませんよ!とお答えしています。
現在のところ、犬や猫が感染したという報告も、感染源になったという報告もない、とWHO(世界保健機関)もWASAVA(世界小動物獣医師会)も発表しています。
動物にもコロナウイルスの感染症がありますので、ご存知の方は心配になってしまうかもしれませんね。
犬にはイヌコロナウイルス感染症という病気があり、下痢や嘔吐などの消化器症状を起こします。
また猫にはネココロナウイルス感染症として、猫腸コロナウイルス感染症と猫伝染性腹膜炎という2つの病気があります。
しかしこれらのコロナウイルスは今回の新型コロナウイルスとは別物と考えた方がよいでしょう。コロナウイルスは動物種を超えて感染することは極めてまれで、イヌコロナウイルスやネココロナウイルスが人に移ることはないからです。
したがって人間に流行中の新型コロナウイルスが動物に移る可能性も非常に低いと思われます。
ただ、どの機関も『現在のところ』と発表しているのは、ウイルスというのはまれに変異を起こすことがあるからです。
なのでWHOでは、罹患者は動物に触れないこと、動物に触れたあとの手の消毒、など気を付けるよう呼びかけています。

香港で新型コロナウイルスの陽性反応が犬から出た、というニュースもあり、犬から感染すると勘違いした人たちにより中国各地で沢山の犬や猫が捨てられたり、殺処分なったりしたというニュースもありましたが、本当に悲しいニュースですね。こうしたデマ情報で、犠牲になる動物がこれ以上でないことを願ってやみません。
もしネットなどで動物の感染に関する話題を見かけたら、WHOや下記のような獣医師が発信する公的サイトをご覧になって判断してください。
・世界保健機構
https://www.who.int/emergencies/diseases/novel-coronavirus-2019/advice-for-public/myth-busters
・世界小動物獣医師会
https://wsava.org/wp-content/uploads/2020/02/WSAVA-Issues-Guidance-on-Pets-and-the-New-Coronavirus-Japanese.pdf
・日本獣医師会
http://nichiju.lin.gr.jp/topics/topic_view.php?rid=4032
・北海道獣医師会
http://www.hokkaido-juishikai.jp/wp/wp-content/uploads/2020/02/53d1dea4e325ec44623ec576f80df981.pdf

※2020年3月5追記
香港で陽性反応がでた犬は、その後も複数回、弱陽性反応が出たため、感染の可能性が高いとされたそうです。
犬に症状はなく、また1例であり弱陽性であることから、無用に心配する段階ではないと、下記の北海道獣医師会ページでも紹介されていました。
http://www.hokkaido-juishikai.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/af34613002e1bfffcdd060b37864b30e.pdf
今後の報告に気を付けつつ、これまで通り手洗い消毒を徹底し、過剰に恐れることなく過ごしましょう。

※2020年3月12日追記
WASAVA(世界小動物獣医師会)から新型コロナウイルスに関する質問集が公開されました。
https://wsava.org/wp-content/uploads/2020/03/COVID-19_WSAVA-Advisory-Document-Mar-7-2020-Japanese.pdf

この記事を書いた人

獣医師 伊村晶子
獣医師 伊村晶子
ポックル動物病院が、地域の人に愛される病院となっていけたら嬉しいなと思っています。ポックル動物病院を通じて、動物のため、そして飼い主様のためにお力になりたいです。

関連記事

  1. 猫は外出が必要?

  2. 動物の味覚について

  3. BOTAMOCHI

    人生は孤独である

  4. それってモフモフな島!?

  5. 年末年始診療のご案内

  6. ポックル動物病院テレビデビュー☆

最近の記事

PAGE TOP