動物看護師の国家資格化による変更

以前のブログでも少しご紹介しましたが、来年4月から動物看護師の資格が国家資格となります。
令和元年に愛玩動物看護師法が改定され、現在は動物看護師は民間の資格でしたが、国家試験に合格した人のみが「愛玩動物看護師」を名乗ることができるようになります。

以下、農林水産省のホームページより↓

そのため、来月(2022年11月)より紛らわしい名称の使用制限として、動物看護師などを使用することに罰則規定も加えられました。これまでは当院でも電話応対でも看護師と名乗っていたり、名札やホームぺージのスタッフ紹介にも名称を使用していたので、この機会にすべて削除しました。

今後のスケジュールとしては、来月11月6日に予備試験(要件により必要な人のみ)、そして2023年2月19日に初の国家試験、3月17日合格発表となり、来年4月から資格取得者は晴れて愛玩動物看護師を名乗ることが出来るようになります!
それにより、現在は獣医師しかできなかった様々な処置ができるようになります。試験を控え、当院のスタッフも一生懸命、勉強しています。

飼い主様からはしばらくの間、看護師さんが誰かわかりにくくなったな、と思われるかもしれませんが、基本的にはピンクかワインレッドなど赤系の制服を着たスタッフが看護に携わるスタッフ、緑系が獣医師です。また試験日などで病院が人手不足になる日もでてくるかもしれませんが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

今日のトップ画像は、先週の手稲山に初冠雪だった日。紅葉がきれいな稲積公園でお散歩を満喫した愛犬ぼたもちです♡初雪も近そうですが、皆様も動物たちも体調管理にお気をつけくださいね。

この記事を書いた人

獣医師 伊村晶子
獣医師 伊村晶子
皮膚科認定の資格取得に向けて勉強中。子供たちに命の大切さを伝える活動もしています。ポックル動物病院も私自身も、動物と飼い主様のお力になれるようずっと成長し続けていきたいと思います。

関連記事

  1. それってモフモフな島!?

  2. フェレットの飼育に必要な物について

  3. 当院の新顔、きゅうす

  4. 病院の仲間④もめん

  5. はじめまして!!トリマー植村より

  6. ねこづくしの休日

最近の記事

PAGE TOP