動物の分類について

こんにちは、看護師の上野です。

やっと春が来た感じがしますね。
季節の変わり目は人も動物も不安定になりやすいかと思います。
体調を崩さないよう、お気を付けください。

今回は、動物の分類についてお話ししようと思います。

動物はまず「脊椎動物」「無脊椎動物」の2種類が存在します。
2つの違いは、読んで字のごとく背骨の有無です。
背骨のある動物が脊椎動物、無い動物が無脊椎動物に分けられます。

更にそこから脊椎動物は5種類に分類され、無脊椎動物は脊椎動物ではない動物の総称です。

 

 

 

 

 

 

当院では脊椎動物の中の「哺乳類」「鳥類」「爬虫類」「両生類」の診察を行っていますので、今回は脊椎動物を
メインにご説明いたします。(※診察可能な獣医が不在の場合もございます。ご来院の際は必ずお電話ください。)

分類のポイントは

①生活環境
まず哺乳類・鳥類・爬虫類は陸上で生活しています。
魚類はもちろん水中です。
両生類は主に子供の頃は水中で過ごし、大人になると陸上でも生活することが出来ます。

②呼吸方法
①の生活環境に適した呼吸をおこないます。
哺乳類・鳥類・爬虫類は肺呼吸。
魚類はエラから水中の酸素を取り込み呼吸をしています。
両性類は生活場所を変えるため、エラ呼吸から肺呼吸へと変化します。

③子供の産み方
こちらは大きく分けて2つの種類があります。
1つは胎生。哺乳類だけが胎生に分類されます。
もう1つは卵生です。卵生はさらに2種類に分けられ、硬い殻で覆われているものと、薄く柔らかい膜のようなもので覆われているものがあります。
殻がある卵を産むのは鳥類・爬虫類で、陸上に産卵するため卵の中身を乾燥から守る役割があります。
殻がない卵を産むのは両生類・魚類です。水中に産卵するため乾燥を防ぐ必要がありません。

他にもいろいろな違いはありますが、分かりやすいポイントはこの3点かと思います。

さて、以上を踏まえたうえで一つ問題を出したいと思います。

皆さんご存じの 「カメ」 は何類に分類されるでしょうか。

水中で生活しているイメージがあると思います。
『水の中で暮らしていて魚類じゃないから、両生類!』

と言いたいところですが、カメの卵は硬い殻で覆われていて陸上で産卵し、エラを持っていないので
水面に顔を出して呼吸をします、そのため水中だけで生活しているわけではありません。
つまり正解は両生類ではなく、水が得意な爬虫類なのです。

このように、イメージや見た目で判断できない分類の違いがあるため、自分の飼っている動物が
どんな分類で、なにが得意でなにが苦手なのかを知っていくことで、動物達とより良い関係を築く事が出来ると私は思います。

皆さんもいま一度初心に戻って、自分のペットと向き合う時間を作ってみてはいかがでしょうか。

 

この記事を書いた人

看護師 上野
看護師 上野
院長を除いて唯一の男性スタッフです。大型犬の診察補助など、他の看護師では難しいけれど男性看護師だからこそできる事を常に考え、行動しています。大型犬だけでなく運動器疾患のある子、また飼い主様や他スタッフの手足となり、少しでも動物達が健康に快適に過ごせるよう、お力になれればと思っております。

関連記事

  1. リクガメの膀胱結石

  2. 黒猫は不幸の象徴か、はたまた?

  3. お家でのお手入れに挑戦しよう♪

  4. この春はペレットへの切り替えにチャレンジ!

  5. イグアナの皮下膿瘍切除

  6. 上野家に新しい家族が増えました!

最近の記事

PAGE TOP