この春はペレットへの切り替えにチャレンジ!

みなさんこんにちは!
すっかり雪も解けましたね!
バイク乗り沢田ですが、先日新しいヘルメットを買い、早く走りたくてうずうずしております。

先日こちらのブログ「鳥さんのごはん、栄養たりてますか?」で鳥さんのペレットフードについてご紹介しました。

本日は、シード(種子)からペレットへの切り替え方法についてご紹介します。

① シード(種子)のごはんと、ペレットを並べて置く
② 1日に食べたシードの量を7日間測り、平均量を出す
③8日目からは食べた量の平均の量から 0.2~1g減らし、1日量として1日2回に分け、 シードの上にペレットをふりかけ、徐々にペレットの割合を増やしていく

★ペレットのみのごはんも 食べやすい所何箇所かに 常に食べられるように置いておく

5~7日毎に体重、うんちの数などを良く観察します。
体重が減り続けるなら一旦シードの量を平均採食量に戻します。
1~2週間して体重が元に戻ったら 再び上記の方法で切り替えにチャレンジ!

体重に変化がなければシードを少しずつ減らし ペレット100%を目指します。

上記の切り替え方法をまとめた物を当院待合室にも置いていますので、必要な方はそちらもお持ちください。

ちなみに、ペレットに切り替えた後は、副食として青菜などの野菜を与えるのは構いませんが、サプリメントやビタミン剤を与える必要はありません。
かえってビタミンやミネラルの過剰摂取になるので、与えないようにしましょう。

ペレットへの切り替えはなかなか根気がいる作業になるかと思います。
体調を崩してしまわないように、その子の普段の身体状態を十分に把握してから実施しましょう!
少しでも異常がみられたら元の食餌に戻し、当院スタッフにご相談ください。

この記事を書いた人

看護師 沢田
看護師 沢田
知らない環境では動物も飼い主様も不安な気持ちになる事も多いと思います。そんな不安な気持ちに寄り添い、安心して帰ってもらえるような看護を目指しています。飼い主様と動物が幸せに暮らしていくためのベストな方法を、いっしょに考えていきたいと思っています。

関連記事

  1. 大切なペットと離れてしまう前に

  2. 秋の健康診断始まります(^^)/

  3. 新型コロナウイルス ペットへの影響

  4. 動物の分類について

  5. 黒猫は不幸の象徴か、はたまた?

  6. 鳥さんのごはん、栄養足りてますか?

最近の記事

PAGE TOP