2020年春の健康診断、始まりましたが…!?

こんにちは、看護師の加藤です!4月に入りようやく季節は春が近づいてきましたが、新型ウイルスでドタバタした新年度が始まりましたね…(*_*)

トップ画像はポックルファミリーのデグー、ころちゃんです!最近また太り始めてきてるのでダイエット再始動を考えているとこです( ;∀;)ところで皆さんの家族である動物さん達の健康診断は考えていますか?

今年も恒例の春の健康診断が当院でも始まりましたが、いつもは4月~5月末までの期間で行っていました。しかし、今回緊急事態宣言が全国で発令されたため、健康診断の期間を4月~6月末までに延長することになりました。それに伴って健康診断や狂犬病のワクチンなどのご予約は5月中旬以降(緊急事態宣言の解除後)を推奨しています。そして前回のブログでもお伝えしましたが、当院では院内でのより積極的な感染予防対策を実施させて頂いてますので、引き続きご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。

さて、健康診断といえばわんちゃんや猫ちゃんだけと思っている方いらっしゃいませんか?そんなことありません!当院ではうさぎさん、フェレットさん、小鳥さんにこの時期お得な健康診断セットが存在します。

うさぎさんの場合体調が悪くても隠してしまうことが多いため、定期的な健康診断をおすすめしています。特に5歳を超えているうさぎさんは年1回の血液検査もおすすめです。

①初めてセット・・・身体検査、聴診、腹部触診、便検査、切歯・臼歯検診、眼のチェック、爪切り
②うさぎドックセット・・・身体検査、血液検査、聴診、腹部触診、切歯・臼歯検診・眼のチェック
→こちらが5歳以上のうさぎさんに年1回はやっておいて欲しいコースです。
③しっかりセット・・・②に全身のレントゲン検査を追加したコース
→心臓や肺、消化管、腎臓などの異常を検出できる一番安心のコースです。

フェレットさんは副腎疾患、インスリノーマ、リンパ腫など特有の病気になりやすいことが知られています。特に3歳超えた子には年2回の血液検査を含めた健康診断をおすすめしています。

①基本セット・・・身体検査、血液検査
→健康状態に不安がなければこちらがおすすめです。
②しっかりセット・・・①にレントゲン検査を追加したコース
→高齢な子はホルモン疾患、心臓疾患、内臓疾患が増えるのでこちらがおすすめです。
これ以外にお腹が張っている、かゆみ、脱毛など以上がある場合は腹部の超音波検査も必要になりますのでご相談ください。

小鳥さんは季節の変わり目で体調を崩しやすいため、見た目での変化がでる前に健康診断を受けましょう。

①初めてセット・・・身体検査、便・そのう検査、目・羽のチェック、触診
→初診の方はこちらがおすすめです。
②これだけセット・・・身体検査、便・そのう検査
→最低でも半年に1回はこれらの検査をおすすめしています。
③基本セット・・・身体検査、便・そのう検査、血液検査、レントゲン検査
→内臓系の異常を調べたい場合におすすめです。
④安心セット・・・基本セットにPBFD、鳥クラミジア検査が加わったコース
→先住の小鳥さんがいるお家に新しい子をお迎えする時は感染症も含むこちらのコースがおすすめです。

セットとしてはこちらで以上になりますが、他の動物さんの健康診断も行ってます!料金や内容にご不明点などございましたら、まずはご予約のお電話の際にご相談くださいね(^^)/

わんちゃん、ねこちゃんの春の健康診断については一般コース(血液検査)、フィラリアコース(血液検査+フィラリア抗原検査)、高齢コース(一般コースよりも詳しい血液検査)があり、こちらの3つは6時間の絶食が必要です。
半日お預かりコース(身体検査、尿・便検査、血液検査、レントゲン検査、超音波検査)では12時間の絶食と、便・尿の持参をお願いしています。
わんちゃん、猫ちゃんの健康診断のご予約もお待ちしております。
そして動物さんもそうですが、飼い主様のも体調にはお気をつけくださいね。皆さんで新型コロナを乗り越えていきましょう!

この記事を書いた人

看護師 加藤
看護師 加藤
看護師としてまだまだ未熟ではありますが、飼い主様に気軽に声がかけてもらえるように日々のコミュニケーションを大事にし、飼い主様と大事なペットちゃんが幸せな生活を送ることができるように少しでもお力になれればと思っています。

関連記事

  1. 秋の健康診断キャンペーンのお知らせ

  2. 誤飲には注意しましょう!

  3. 愛兎もめんの避妊手術(手術画像閲覧注意)

  4. 小鳥の痛風

  5. ウサギの骨折手術

  6. ウロコインコの大腿骨骨折手術

最近の記事

  1. ono ryunosuke1
PAGE TOP