芸能人よりも、歯が命!

写真は当院の患者さん、テッドくん。
歯は悪くありませんが、あまりにも可愛かったため写真を撮らせて頂いた時のものです。

春になり、何故かデグーちゃんの臼歯の処置が連続しています。

なんとなくやせてきた、口をくちゃくちゃしている、硬いものを食べられなくなった、という症状で皆さん来院されています。

デグー、チンチラ、モルモット、そしてうさぎが上記の様な症状を出している場合には、まずは歯に異常がないかどうか確認する必要があります。
異常がすでにあるけど、元気はあるんだよね・・・と考えて来院するのが遅れれば遅れるほど、体重減少や脱水が進行してしまい、歯科処置時の麻酔リスクが上がってしまいます。症状が無くても、金属製のケージをガリガリとかじる子は要注意。知らない間に不正咬合が進行しますので、歯科検診を受けた方が安心です。

写真は来院されたデグーちゃんの口の中。degu cheek teeth spur左下顎(写真では右下)の臼歯がとがっており、舌に潰瘍を形成していました。

幸い、来院されたデグーちゃんたちはみな麻酔下での歯科処置を乗り越えてくれました。痛みがなくなって、嬉しそうにご飯を食べてくれる姿を見ると、こっちまで嬉しくなりますね。

当院には小動物、特にうさぎ・げっ歯類の歯科処置を行うため(だけ)に、専用の道具を揃えています。

なんとなく気になるけど、歯に問題はあるのか?あったとしたら処置が必要なレベルなのか?dental tools for Rodents and Rabbits
是非本当に具合が悪くなる前に、お気軽に相談して下さいね。

この記事を書いた人

院長 伊村啓
院長 伊村啓
動物病院は、飼い主様と一緒に、大切な家族である動物たちの幸せを考え、不安や苦しみを解消する場です。検査もただ行えば良いという訳ではありませんので、必要な理由をきちんとご説明した上で進めていきます。筋道を立て、とにかく分かりやすく説明する事には特に力を入れています。

関連記事

  1. 病院の仲間④もめん

  2. うさぎ 動物病院 札幌 

    うさぎは工事にお怒りです

  3. うさぎの血尿、ひょっとしたら子宮の病気かも?

  4. ウサギの角膜穿孔

  5. 春の健診はじまってます

  6. たかが爪切り、されど爪切り

最近の記事

  1. カメの中耳炎

    2019.10.11

PAGE TOP