膿皮症のスキンケア~耐性菌を作らないために~

前回のブログでも痒みに悩むぼたもちの紹介をしましたが、その後、8月上旬の暑い時期に悪化してしまいました。
実はぼたもちだけでなく、今年の札幌の夏はとても暑かったせいか、膿皮症という皮膚の感染症での来院が多かった夏だった気がします。
さて、まだ完治には至らないぼたもちですが、今シャンプー治療を頑張っているのと、いくつか膿皮症に関するセミナーを受けたので、今日は主にそのお話をブログしたいと思います。
まず膿皮症というのは、皮膚のブドウ球菌が感染を起こしてしまう病気です。
ブドウ球菌の中でも、犬の膿皮症の原因菌のほとんどが常在菌として健康な時でも犬の皮膚に存在する菌です。
それがなぜ膿皮症になってしまうのか、という理由(要因)はいくつかありますが、そもそも皮膚が健康でなくなる病気が背景にはあるケースが多いです。
中でも多いのはアトピー性皮膚炎。ぼたもちも先月からアトピー性皮膚炎による痒みがどんどん増して、舐めたり噛んだりしているうちに悪化していきました。そもそもアトピーの子は皮膚バリア機能が弱い(皮膚の一番外側の角質層が薄い)ため、菌が侵入しやすいのです。
また高齢になってくるとホルモン異常で健康な皮膚が保てないわんちゃん、脂漏症といわれるべたつきが多いわんちゃん、なども要注意です。
このような膿皮症をおこす要因も一緒に治療していかないと、膿皮症は治っても繰り返してしまうことがあります。

さて膿皮症の症状ですが、丸い形の病変が多いです。丸い赤みや丸いカサブタ、ぼたもちはこんな感じでした。

 

 

そして治療ですが、原因菌を減らすために抗生剤、というのが昔はスタンダードの治療でしたが、最近耐性菌の問題で見直されています。使っていいのはファーストチョイスの抗生剤1種類のみ、それで治らない場合は感受性検査に出して効果のある抗生剤を選択しなければなりません。
→ぼたもちの場合、抗生剤の反応が悪く、検査に出したらやっぱり耐性菌…膿皮症の原因が耐性菌である割合は3割とも言われていますので珍しいことではありません。
耐性菌問題はかなり深刻化していて、何でも使っていたら何の抗生剤も効かない菌が生まれてしまうという怖さがあります。ただ耐性菌だから怖いというわけでも治らないというわけでもありません。適切な抗生剤やシャンプー治療で治すこともできますし、その子は一生耐性菌の膿皮症というわけでもありません。ただ抗生剤を使わなくても治るなら、使わない治療を積極的に選択することが推奨されています。それでおすすめなのが薬用シャンプーによる治療です。

膿皮症の治療におすすめの薬用シャンプーはクロルヘキシジンが2%以上入ったものです。
まず大切なのが洗う頻度、週2~3回を2週やってみて治らないようでしたら抗生剤を検討します。
気を付けたいのが、シャンプー時に皮膚をガシガシ擦りすぎて摩擦で皮膚に細かい傷を作らないこと。できれば先に泡立てて泡を皮膚に塗りこむように使います。
次にシャンプーの濃度、薄めすぎると効果が減ってしまう可能性があります。目安としては、500円玉1枚分の量が、わんちゃんの皮膚面積にして人の手のひら2枚分サイズです。チワワで500円玉2枚分くらいたっぷりめに使うのがポイントです。
そして泡が病変にあたっている時間、これは諸説ありますが、すぐ流れてしまうと効果が減ってしまう可能性があるので、だいたい10分くらい泡立ったまま置いておくか、一番病変のひどい場所から洗い始めるようおすすめしています。
べたつきの多い子は下洗いシャンプーをしたり、乾燥しがちな子は保湿系シャンプーや保湿剤を組み合わせるのも効果的です。

ぼたもちもフルコースの時はこちら↓

 

シャンプーできない日は消毒液を使ったりするのも効果があります。
そうは言ってもわんちゃんのシャンプーは大変、膿皮症の治療は飼い主さんとの2人3脚です。
やはり抗生剤を使わない治療ですと、お家での負担が大きくなってしまうこともあります。
特にアトピーなど一生お付き合いしなければならない皮膚病の子は、無理なく続けられる治療を相談しながら進める必要がありますので、その子にあった治療をご提案できるようお話していきましょう!

この記事を書いた人

獣医師 伊村晶子
獣医師 伊村晶子
ポックル動物病院が、地域の人に愛される病院となっていけたら嬉しいなと思っています。ポックル動物病院を通じて、動物のため、そして飼い主様のためにお力になりたいです。

関連記事

  1. わんちゃんの正しいシャンプーできてますか?

  2. お家でのお手入れに挑戦しよう♪

  3. おうちでのシャンプーのコツ、教えます!

  4. 動物の皮膚糸状菌症(真菌感染症)の検査

  5. 獣医皮膚科認定医を目指して

  6. わんちゃんの痒みを抑える注射

最近の記事

PAGE TOP