涙がとまらないうさぎちゃん

こんばんは。
さて、いきなり問題です!
トップ画像のうさぎちゃん、何の処置を受けているところかわかりますか?

うさぎちゃんが来院される理由で、割と多いのが目のトラブル。
ふいてもふいても涙が出て止まらないんです、という相談がたまにあります。
眼球自体には問題がなさそうで、ただただ涙で濡れてしまう・・・そんな場合、流涙症を疑います。
流涙症は涙の出口がふさがっていることで起こることが多いのです。
うさぎちゃんの涙は、悲しくて出るわけではなく、目を守るために涙腺というところから出ています。
そして鼻涙管という管を通って鼻から排出されています。
ところが涙の出口となるその管が詰まってしまうことで流涙症が起こるのです。
詰まった管を生理食塩水で押し流してあげることで改善します。
トップ画像は、この鼻涙管洗浄という処置をしている写真だったんですね!
注射器の先端にやわらかくて細い管を付け、目頭から入れて押し流してあげると・・・鼻から白いドロっとした液体が出てきます!これで開通!
IMG_0570

ただ一時的な詰まりならこれで治るのですが、鼻涙管洗浄をしても根本的な原因の治療をしないと再発することがあります。
炎症があれば炎症を止める治療、臼歯の歯根が伸びて鼻涙管を圧迫しているなら歯科治療、ほこりやゴミなど環境からくるものなら飼育環境の改善が必要です。

涙がとまらないうさぎちゃん、この洗浄で改善することがありますので、ご相談くださいね。

この記事を書いた人

獣医師 伊村晶子
獣医師 伊村晶子
皮膚科認定の資格取得に向けて勉強中。子供たちに命の大切さを伝える活動もしています。ポックル動物病院も私自身も、動物と飼い主様のお力になれるようずっと成長し続けていきたいと思います。

関連記事

  1. 動物の皮膚糸状菌症(真菌感染症)の検査

  2. お気に入りの〇〇〇がない!? そんな時はご注意を・・・

  3. セキセイインコ勉強会をさせて頂きました

  4. うさぎ 動物病院 札幌 

    うさぎは工事にお怒りです

  5. ウサギの角膜穿孔

  6. 子犬に多い内部寄生虫

最近の記事

PAGE TOP