マダニさんの季節~わんちゃん注意~

もうすぐ6月、暑くなる日も増えてきましたね!暖かくなってきて、お散歩に行くのが気持ちいい季節になりました。

この時期くらいから、わんちゃんとお外に出る時気になるのがお散歩コースの草に潜む「マダニ」です!

今年も5月中旬から当院にやってきております。どこにいるかわかりますか??

黒いポチッとしたものがほっぺに、、!

専用のマダニキャッチャーで掴むと、吸った血で体がパンパンになったマダニが無事取れました。

もんじろうちゃん、頑張りました!!

プログでも何度も紹介していて、みなさんご存知かもしれませんが、噛まれないように予防が必要なのにはちゃんと理由があります。

マダニの唾液でアレルギー性皮膚炎を起こしてしまったり、大量に寄生された場合は貧血になってしまう恐れもあります。

それだけではありません!マダニは様々な感染症を媒介します。そしてそのほとんどは人獣共通感染症といって、人にもうつってしまう感染症です。少しご紹介したいと思います。

マダニが媒介する感染症の一つとして「ライム病」があります。

ボレリアという細菌をマダニが媒介して感染します。

犬の発症はまれですが、発症した場合は関節炎や体重の減少、食欲減退、発熱などの症状がみられます。

他にも、「重症熱性血小板減少症候群」という感染症があります。

発熱や嘔吐・下痢などの消化器症状がみられ、白血球減少症、血小板減少症などが伴うこともあります。この感染症は治療法がなく、対症療法しかありません。ですので、予防がとても大事になってきます!

マダニに噛まれただけ…そんなふうには思わず、予防をしっかりして、噛まれてしまったのを見つけた時は病院にご相談ください!

予防薬は飲ませるタイプ、皮膚にたらすタイプ、フィラリアと一緒に予防できるタイプなどありますので、お気軽に獣医師や看護師にご相談ください(*^^*)

この記事を書いた人

看護師 加藤未結
看護師 加藤未結
6年間ペットショップに勤めていましたが、動物看護に携わりたいと考えるようになり病院で働くことに。飼い主様の不安に寄り添い、少しでも安心して動物を預けていただけるよう努力していきます。

関連記事

  1. 秋の健診キャンペーンやってます

  2. BOTAMOCHI

    人生は孤独である

  3. トリミングもうすぐ繁忙期です☆

  4. 「予防は治療に勝る」 ~エラスムス~

  5. 犬の腹部超音波検査

    家族総出の機器選び

  6. レッグ・ペルテス(大腿骨頭壊死症)のあずきちゃん

最近の記事

PAGE TOP