トリミングもうすぐ繁忙期です☆

もうすぐ12月、手稲も雪景色となりすっかり寒くなりましたね。
今日は久しぶりのトリミングブログです。

今日のトップ画像はポックルでトリミングデビューしたイチローちゃん。
1歳すぎての初トリミングでしたがこれまでお家でキレイに管理してもらっていたので毛玉もありませんでした。最初は少しそわそわした様子で、お顔周りのカットを嫌がったりしていましたが、おりこうさんにカットされていました。カメラ目線もばっちりですね☆IMG_1201

病院でのトリミングは獣医師管理のもとで行われますので、高齢の子や持病のある子でも安心です。
トリマー植村さんは病院トリミングのベテランですので、ちょっとした異常にも気づいて獣医師と相談しながら進めてくれますので、トリミングのストレスが心配な方もご相談くださいね。
またすべてのコースに獣医師の身体検査(目、耳、歯、体格などの視診)と爪切り、耳掃除、肛門腺絞りが含まれますので定期検診がてらの利用もおすすめです。
カット犬種のトリミングはもちろんですが、皮膚にかゆみや脱毛、フケ、べたつきなどの問題を抱えたわんちゃんのメディカルトリミングも好評です。まずは原因をきちんと調べるために、診察を受けてから治療方法を提案させていただきます。
その子の皮膚にあった薬用シャンプーを使用してあげることで、負担を減らして症状を軽減することができたりお薬を減らすことができたりします。IMG_1202

写真の姫子ちゃんも定期的な薬用シャンプーに頑張って通い続けてくれています!

さて、ここまでトリミングの紹介をしておいて申し訳ないのですが、来月(とくに後半)のトリミングは1年で最も忙しい時です。
年末にわんちゃんをキレイにして新年をお迎えしたい方が多いため、すでに予約がかなり入っています。
トリマー植村さんも1匹でも多くのわんちゃんをキレイにしてあげたい!と頑張ってくれていますので、利用する方にも時間厳守をお願いしています。
予約がびっちり入ってしまうので予約時間に遅れてこられた場合、トリミングをお断りしなければならなくまってしまいますのでご理解ご協力お願いします。

トリミングのページはこちら

この記事を書いた人

獣医師 伊村晶子
獣医師 伊村晶子
ポックル動物病院が、地域の人に愛される病院となっていけたら嬉しいなと思っています。ポックル動物病院を通じて、動物のため、そして飼い主様のためにお力になりたいです。

関連記事

  1. 犬猫の幼年期に気を付けたい病気・事故

  2. 動物病院のこれ何でしょう?

  3. 子宮蓄膿症の治療 Polly’s treatme…

  4. 本当はふか~い?!わんちゃんの外耳炎

  5. わんにゃんドックはじめます!

  6. わんちゃんねこちゃん、お口キレイ度測れます!

最近の記事

PAGE TOP