デグーの円形脱毛

連日猛暑が続いておりますが、熱中症などにはなっていませんか?
人も動物もしっかり水分補給とたくさんごはんを食べて元気に夏を乗り切りましょう(#^^#)

さて今日の話題はポックルファミリーのコロちゃん(デグー)についてです。
コロちゃんはそれはもう人懐っこくてたまらなく可愛いもので、私も頬ずりして可愛がったりしていました。
しかしある日私の顔に謎のプツプツ。。。かゆい、しかもプツプツが広がっていきました。
原因がわからないまま治まったり、また痒くなったりとくり返し、疲れているのかなと思っていました。
少し時間がたったころ、コロちゃんの顔に直径2~3ミリ位の脱毛が。数日たつと5ミリくらいに脱毛が広がり、ここで私はやっと気づきました。コロちゃんに頬ずりしていたところに症状がでていたな、と。

おそらくコロちゃんは皮膚糸状菌症だったのではないかと思われます。

皮膚糸状菌症とは、真菌(カビ)の一種である皮膚糸状菌が感染して発症する病気です。
「皮膚真菌症」や「白癬」と呼ばれることもあります。
皮膚糸状菌は、皮膚のケラチンを好み角質層や被毛に寄生、増殖し皮膚から毛包まで感染を広げていきます。
菌のダメージを受けた被毛は脱毛をおこし、真菌症では特徴的な円形の脱毛となっていきます。
まさにコロちゃんも円形のハゲが出来ていましたね。
この病気は人獣共通感染症であり、人にも感染する可能性があります。
私はおそらく真菌の影響があったのではと思っています(*_*;

当院での検査としましては、患部の毛を採取して真菌の培養を行い確認。ウッド灯という特殊な光を当てる検査をしたり顕微鏡で確認する場合もあります。
治療は抗真菌剤などのお薬の服用や塗薬などを使います。期間は一概には言えませんが長期でかかるケースもあります。

この病気は免疫力の低下やストレスによって発症することがあるため、予防として普段から定期的なケージの掃除や消毒、デグーちゃんであれば砂浴び場を清潔にしてあげることが大事だと思います。被毛を正常に保つうえで砂浴びも大事な習慣です。
また普段から健康状態をしっかり観察して基礎疾患がないかどうかに気を付けてあげることや、快適な生活ができるような日々の心がけが重要ですね。
私たちもコロちゃんのお世話をより一層気を付けようと感じる出来事でした。

 

 

にんじんをむさぼるコロちゃん

この記事を書いた人

看護師 山田
看護師 山田
看護師長として責任もありますが、やりがいも感じています。スタッフ全員が働きやすく、暖かい雰囲気の職場を目指しています。年齢関係なく話しやすいフレンドリーな師長を目指して頑張りたいと思います。

関連記事

  1. エキゾチックペットの国際セミナー

  2. デグーの陰茎脱

  3. デグーの低血糖・蘇生処置

  4. パラボラアンテナではありませんよ!

  5. ペットをお迎えする前でもご来院下さい!

  6. 動物病院でお勉強しよう!

最近の記事

PAGE TOP