ウサギさんの盲腸便

こんにちは!9月になり秋の匂いを感じている看護師の加藤です!

今回はウサギさんの盲腸便についてお話しようと思います。

ウサギさんは他の動物とは違って2種類の便をすることはご存知ですか?コロコロとした通常の便と、柔らかく粘液に包まれたブドウ房状の便の2種類で、いわゆる後者が「盲腸便」と言われる便になります(写真)。

実はウサギさんはこの盲腸便を食べる習性があるのです!え、便を食べるの?と疑問に思う方もいらっしゃるかと思いますが、ウサギさんにとってはとても大事な習性となっています。

ウサギさんは草を主食として食べていますが、草は消化が難しく栄養価も高くありません。そんな草から栄養をしっかり吸収するために腸内細菌の力を借りています。消化吸収をできなかった分を盲腸に送ることで、自然の植物だけでは得られない栄養素が含まれた盲腸便を作ることができるのです。ウサギさんの体ってすごいですよね!(^^)

ということで盲腸便が作られる理由、それを食べる習性の大切さについてお話しましたが、そんな盲腸便を何故か残してしまうなどのお悩みをよく耳にすることがあります。

ウサギさんが盲腸便を残してしまう原因について考えられるのは、急な環境の変化でのストレスや肥満が原因でお尻に口をつけることができない、また普段食べているご飯の量が多すぎて盲腸便を食べる必要がなくなってしまっているなど様々です。これらが全てというわけではないですが、もし盲腸便を残してしまっている様子があるのであれば参考にしてみてください!

ただウサギさんも体調が良くなくて便を残してしまうこともあるので、日頃からウサギさんの様子を見てあげるのと、定期的な健康診断をお勧めします。当院でもお口の中の検査、触診、体重チェックなど最低限の内容から、より詳しくチェックするために血液検査、レントゲン、超音波検査などその子に合わせた内容を診ることもできます。

そろそろ秋の健康診断も始まりますので、気になる方は気軽にお電話でのお問い合わせ、ご予約お待ちしております♪( ´▽`)

 

この記事を書いた人

看護師 加藤
看護師 加藤
看護師としてまだまだ未熟ではありますが、飼い主様に気軽に声がかけてもらえるように日々のコミュニケーションを大事にし、飼い主様と大事なペットちゃんが幸せな生活を送ることができるように少しでもお力になれればと思っています。

関連記事

  1. ウサギさん、適切なごはんで病気を防ごう!

  2. わんちゃんのおやつ、本当に安全ですか?

  3. もめん、感謝のお別れ

  4. ジャンガリアンハムスターの健康診断

  5. ウサギの、歯が原因で起こる膿瘍

  6. 動物の皮膚糸状菌症(真菌感染症)の検査

最近の記事

PAGE TOP