電子カルテ、導入しました。

みなさん明けましておめでとうございます。
雪のせいでかなり病院の周囲の道路状況が悪く、ご来院される方々には大変なことと思います。病院の駐車場も傾斜している部分が多いために駐車スペースも狭くなっておりますので、お車でお越しの方はお気をつけ下さい。

さて、最近ご来院された飼い主さん達はすでにお気づきだと思いますが、当院では電子カルテシステムを導入いたしました。
そのため、獣医師が診察中にパソコンをポチポチすることになります。
本当は紙のカルテの方が、さっとかけるのですが、今回導入に踏み切ったのには訳があります。

1、飼い主さんからお電話で問い合わせがあったとき、すぐにカルテを参照する事ができます。

これまで、お電話を受けたスタッフはまず紙カルテを探しにいき、そこから内容をお聞きしていました。今後、電子カルテになると、電話を頂いた段階で飼い主さんと動物のデータがパソコン上ですぐ確認できるようになります(登録していただいた電話番号からの着信に限ります) 。お薬やご飯の問い合わせにも、これまでより迅速にお答えする事ができるようになっていきます。
お電話を受けた後、名乗って頂かずとも「〜さんですね?」とスタッフがさも知っている風に確認する事もありますが、びっくりされないでくださいね。
※よくお問い合わせされる電話番号を登録しておく必要がありますので、番号が変わりましたら是非スタッフまでお声かけ下さい。

2、医療データを電子カルテに集めることで、動物たちの病気についてスタッフ全員で共有できるようになります。

血液検査のデータやエコー画像などは、これまで紙のカルテにペタペタと貼っていただけでしたが、今後は全てのデータが電子カルテ上で比較できるようになります。
特に血液検査で腎臓や心臓の治療経過をたどるときには、1クリックするだけで過去の数値と現在の数値が比較できますので、治療効果をみるのには大変役立ちます。もちろん、グラフや一覧表にして飼い主様に印刷してお渡しすることもできるようになります。

3、受付をされた後、全ての患者さんが「診療前なのか、検査中なのか、調剤中なのか、会計待ちなのか」、を一目でスタッフ全員が共有できるようになります。

その患者さんに「今、何をしているのか?」がすぐに分かる事で、検査や調剤の段取りが格段に改善します。患者さんからはわかりづらい部分かもしれませんが、共有のメリットはすごく大きく、飼い主さんの院内での待ち時間軽減に直接つながってきます。特に、混み合っている時間帯や人数が少ないなかで診療を進めている際には、病院全体の診療の進みぐあいを全員が把握するのはすごく難しいのです。ですが、画面上に患者さん達のステータスが一覧になっていますので、病院全体の診療効率をグレードアップする事ができます。

と、なんだか良いことづくしのような気がしますが、どうしてもパソコンに向かう時間が増えてしまうのが難点といえば難点です。
これまで、目の前で紙カルテに書いていた内容を逐一パソコンに入力していかざるを得ないので、飼い主さんの中には慣れない方もいらっしゃるかも?と少し心配しています。まだ完全に使いこなしてる!と言い切れない部分もあり、カルテの設定に戸惑ったり、お話中の「ポチポチ時間」が長めになってしまうこともあるかもしれません。
スタッフ全員がマスターするまでは、少しだけ優しい気持ちで(笑)、見守って下さると幸いです!

今年も、より皆さんにとって頼れる病院になれるよう努力してまいります。
どうぞ、今年もよろしくお願いいたします。

この記事を書いた人

院長 伊村啓
院長 伊村啓
動物病院は、飼い主様と一緒に、大切な家族である動物たちの幸せを考え、不安や苦しみを解消する場です。検査もただ行えば良いという訳ではありませんので、必要な理由をきちんとご説明した上で進めていきます。筋道を立て、とにかく分かりやすく説明する事には特に力を入れています。

関連記事

  1. The 1st Anniversary☆開院1周年

  2. 猫の健康診断って何するにゃ?

  3. 看板、リニューアルしました!

  4. 5周年記念イベントのご報告

  5. 原理から理解するヒーターの特徴

  6. 新型コロナウイルス ペットへの影響

最近の記事

PAGE TOP