子犬のファーストトリミング


最近いろいろな子犬ちゃんがトリミングにきてくれて可愛くてメロメロなトリマーの木村です。
そんな子犬ちゃんのトリミングについてお話したいと思います!
子犬ちゃんにとってファーストトリミングはとても大切な経験になります。
犬種によってはトリミングは生涯必要になるものだからです。
シャンプーやカットを、カット犬種なら(プードル、ヨーキー、マルチーズ、シーズーなど)だいたい毎月のように必要になるでしょう。
シャンプー犬種でも(ダックス、チワワ、コーギーなど)定期的にシャンプーが必要になるでしょう。
そんな定期的に出す必要があるトリミングを慣れていないことはわんちゃんにとってとても負担で大きなストレスなものになってしまうと大変です。
トリミングを何も知らないまま成犬になるとトリミングに出す際、初めてなことがたくさんあるので、
急にさまざまなものを一気に経験しなくてはいけなくなります。
・爪切り(切られる感触や音、足先を触れること)
・バリカン(バリカンの音や振動)
・ブラシ(あたる感触や全身を触られること)
・シャワー(音やお湯がかかること)
・ドライヤー(音や風量)
・ハサミ(ハサミの音や切られる感触)
・テーブルの上で立っていること

(初めてのトリミングをとてもおりこうさんに頑張ってくれたショコラちゃんのご様子です。お写真のご協力いただきありがとうございました。)
などを慣れてない中で一気に行うので、恐怖や緊張などで今後のトリミングがわんちゃんにとって苦手なものになる可能性もあります。
それにより来るたび恐怖や緊張のあまりパニックで噛みついてしまうことや暴れてしまうことなどカットやシャンプーが出来なくなってしまうこともあります。
できれば、わんちゃんがリラックスした中でトリミング出来たら安心ですよね。
なので子犬のうちから少しずつ慣らしてあげることがとても大切です。
トリミングは嫌なものではなく、楽しいものだったりなんだか気持ちいいなと思ってもらえるように、声をかけながら出来たら褒めたりトリミング前と後は少し遊んだりして怖くないよと安心してもらえるよう心がけて行わせていただいております。
なので、子犬のトリミングは仕上がりなどに焦ることなく無理なく慣れていくことを重要としてできる範囲で進めていきますので、定期的にトリミングに来ていただくことも大切になります。
ポックルでは子犬スケジュールを提案させていただいておりますので参考にしてくださいね。

パピー割もございますのでぜひご利用してみてくださいね!

この記事を書いた人

トリマー 木村
大切なわんちゃんをトリミングにお預け頂くことは飼い主さんも、わんちゃんも、不安な事だと思います。そんなお気持ちを少しでも安心に変えられるように飼い主さんわんちゃんとのコミニュケーションを大切にして、常にわんちゃんの気持ちに寄り添ってその子その子に合わせたトリミングをしていきたいと思っております。

関連記事

  1. アジア動物スキンケア検定修了のご報告

  2. トリミングメニューが増えました!

  3. ギネスに挑戦?!

  4. フェレットでもマイクロバブルやってみたよ!

  5. ワンちゃんも暑さ対策

  6. 滝を求めて

最近の記事

PAGE TOP