フェレットのお風呂

少し遅くなりましたが、明けましておめでとうございます!受付・動物看護師の吉村です。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

みなさま、コロナ禍での年末年始はどのように過ごされましたか?
私は、毎年のように親戚の子ども達に会えず…なんだか静かな年末年始となりました。笑

さて、フェレットblogの4回目はお風呂に関してです。

前回、フェレットをお風呂に入れる時、あると便利なものなどを紹介しましたが、他にも必要なものがこちらです↓↓

①ペット用の浴槽
バケツや洗面器、人間の使う浴槽でもOKです。
約37℃くらいのお湯を用意してください。

 

 

 

 

②シャンプーとリンス
シャンプーは低刺激なフェレット専用シャンプーを使用してください。
リンスと一体型になっているシャンプーもあります。
(※院長注:フェレット専用でなくても大丈夫です。ただし、あまりに洗浄力が強いものや脱脂力が強いものは避けて下さいね。)

 

 

③泡立てネット
できれば、シャンプーをよく泡立てから体に付け、すすいであげてください。
我が家では100円均一で泡立てネットを購入しました

 

 

 

④タオルとドライヤー
ハンドタオルが数枚あると便利です!
また、ドライヤーを使う時はやけどしないよう目に向かって当てないでください。
ちなみに、私はやけどさせたくないので、タオル2枚で拭いてから、前回紹介した
タオルグッズ2枚を使ってドライヤーを使わず乾かしています。

なお、お風呂に入れるタイミングは、トイレに行った直後をオススメします!
フェレットの中にはお風呂の中でうんちしてしまう子がいるからです。笑
我が家もよく浴槽にうんちが沈んでいます…。

フェレットのシャンプーは体臭をやわらげたり、皮脂のべたつきを取り除くために行います。ですが、シャンプーをしすぎてしまうと皮膚のバリアが剥がれ、分泌物が増えてしまうこともありますので洗いすぎには注意してください。

においや皮脂のべたつき防止にはシャンプーだけでなく、ハンモックの定期的な交換や、体を拭いたり、
耳掃除をしてあげることも大切です。

ぜひ、日頃からスキンシップをかねてケアしてあげてくださいね!

この記事を書いた人

受付 吉村 琴
受付 吉村 琴
こどもの頃から特にフェレットが大好きで、動物に関わる仕事がしたいと動物看護師になりました。
はじめての動物病院で、飼い主様も動物ちゃんも不安な気持ちで来院することがあると思います。そんな時、気軽に声をかけてもらえるような受付の看護師を目指しています。

関連記事

  1. エキゾチックペットの国際セミナー

  2. ワンワンしつけ第2弾☆お散歩中にグイグイ!!

  3. 秋の健診キャンペーンやってます

  4. 猫の歯周病について

  5. たかが肛門腺、されど肛門腺

  6. 5周年記念イベントのご報告

最近の記事

PAGE TOP