わんちゃんのスキンケアの大切さ

3月に入りましたが雪もまだ降り寒さもあり、まだまだ乾燥が気になる季節ですね。
せっせと保湿をたっぷりして乾燥対策をするトリマーの木村です。
乾燥は大敵!みなさまも対策しましょうね。


さて今回は、そんなスキンケアの大切さについてお話したいと思います。
皮膚という臓器は動物の体において最大の臓器であり、外環境にさらされる唯一の臓器ともいえます。
外環境には紫外線・乾燥・微生物・アレルゲンなどさまざまな物質が存在します。
これらから体を守るのが皮膚であり、ほかのすべての臓器は皮膚の下にあり皮膚に守られているからこそ能力を発揮します。
なので、さまざまなものから守っている皮膚をケアをしてあげることは体を守る上でとても大切なものになります!
スキンケアといっても、外からのスキンケアと内からのスキンケアがありどちらも重要になります。

内からのスキンケア: 栄養バランス・休息・ストレスケア・皮膚以外の臓器の定期的な健康診断などがあげられます。人間もどれかがバランス崩れるとお肌にトラブルが出たりしますよね。動物も同じです。必須脂肪酸のサプリやプロバイオティクスやプレバイオティクスといった腸活サプリが、皮膚の健康に効果があるという研究も進んでいます。

外からのスキンケア: シャンプー・保湿・被毛のダメージケアでの皮膚への保護・入浴やマッサージによる血行促進などがあげられます。シャンプーは成分や回数によっては逆に乾燥させてバリアを壊してしまうこともあるので注意が必要です。

当院のわんちゃんのトリミングではその外からのスキンケアをより良いもので提供することに力を入れております。シャンプーでは、その子の皮膚に合ったシャンプーを獣医師がセレクトしています。また、皮膚が健康な子に使用するシャンプーも皮膚に低刺激なシャンプーで同時に被毛のダメージケアにも特化したシャンプーなどを使用しております。
保湿も、高濃度に保湿成分が入った入浴スキンケアコースや、毛穴の洗浄、マッサージ効果、血行促進など様々な効果を用いるマイクロバブル・炭酸泉もございます。マイクロバブルは4月から通常のトリミングの中に含まれることになり常に使用出来るようになります。


フケが全体的に出ていて乾燥なども気になる様子のクロス君。
マイクロバブルと低刺激のシャンプーをセレクトとダーマモイストバスを利用してスキンケアしました。
フケがスッキリ取れました。


当院のトリミングでは、その子に合わせた最大限のスキンケアができるよう努めております。
「スキンケアは一日してならず亅で、日常的に継続することで効果を実感できると思いますのでお家でできるスキンケアや、わんちゃんならトリミングで利用できるさまざまなスキンケアを組み合わせてケアしてあげてくださいね。

この記事を書いた人

トリマー 木村
大切なわんちゃんをトリミングにお預け頂くことは飼い主さんも、わんちゃんも、不安な事だと思います。そんなお気持ちを少しでも安心に変えられるように飼い主さんわんちゃんとのコミニュケーションを大切にして、常にわんちゃんの気持ちに寄り添ってその子その子に合わせたトリミングをしていきたいと思っております。

関連記事

  1. 皆さん、はじめまして~トリマー紹介~

  2. わんちゃんの抜け毛ケア

  3. トリミングもうすぐ繁忙期です☆

  4. ギネスに挑戦?!

  5. わんちゃんのマイクロバブルと炭酸泉

  6. わんちゃんの正しいシャンプーできてますか?

最近の記事

PAGE TOP