猫の寒さ対策

外はすっかり寒いですね~
そろそろ冬服出すか~と思って出してみたらあれ?服あんまりない……と去年の冬何を着ていたか忘れる謎の現象に陥っているスタッフ成田です。
だいぶ冷え込んできたので飼い主さんペットちゃん達体調にお気をつけて暖かくお過ごしください。

さて、今回は猫ちゃんの寒い日の対策についてお話していきたいと思います。

猫はもともと乾燥した場所に適応した体の造りになっているため、暑さは比較的強いですが寒さは苦手な傾向にあります。
快適な室温は個体差はありますが、人と同じで25℃前後とされています。20℃を下回ると寒いと感じやすくなり体温の維持が難しくなります。
寒さで免疫が低下してしまわないように飼い主さんが猫が過ごしやすい温度を保てるように工夫してあげることがとても大切です。

おすすめの寒さ対策をご紹介していきたいと思います。
●ペット用ヒーター
うちの猫も使っていますが、温度調節してくれて設定温度になると自動的に加熱停止してくれるので低温やけどするリスクが低く、タイマー機能もついているので一人暮らしの方におすすめです。


こたつ型になっているタイプや丸いベッドタイプ、低温やけどしにくいものなど様々なタイプがあります。


●エアコンの活用
一人暮らしの方や留守番が長時間になる場合は、エアコンなどの火事の危険性が低い暖房器具を使うのがおすすめです。しかし乾燥するのは良くないので加湿器や空気洗浄器を併用し、乾燥を防ぐことも大切です。


●マットレスを敷く
猫がよく行くお気に入りの場所などに暖かい素材のマットや毛布などを敷いてあげるとよいです。また、暖かい場所以外にも涼める場所、暖房からの逃げ場を作るのも大切です。


● 水飲み場やトイレも暖かくする
トイレが寒い場所にあると猫は排泄を我慢しやすくなります。また、もともと水を積極的に飲む動物ではないため寒い場所にあると飲水に行く回数が減ってしまいます。水分の摂取量が少なくなりトイレの回数が減ることで、泌尿器系の病気にかかりやすくなってしまうので注意が必要です。ちなみに水はぬるま湯にしてあげると猫にとって飲みやすくなるのでおすすめです。

火事や火傷、脱水症状に気をつけつつ、お部屋の中を快適な環境にして、これからの寒い季節を一緒に乗り越えて行きましょう。

この記事を書いた人

成田
成田
小さい頃インコを飼っていたことをきっかけにエキゾチックに関わる動物看護師になりたいと思いこの仕事を目指しました。今は猫を飼って暮らしています。飼い主様と動物ちゃんの幸せを支えていけるよう日々精進してまいります。

関連記事

  1. 骨折猫のモグちゃんのお話(手術画像あり)

  2. わんちゃん猫ちゃんの口臭、気になりませんか?

  3. 新型コロナウイルス~自分が感染したらペットは?~

  4. 秋の健康診断キャンペーン実施中

  5. 犬猫の幼年期に気を付けたい病気・事故

  6. 2019年、秋の健康診断始まりました!

最近の記事

PAGE TOP