家族総出の機器選び

犬の腹部超音波検査

動物病院には、沢山の医療機器が必要です。
血液検査機器、レントゲン、手術器具など、ひとつひとつ最適なものを選んでいます。

その中でも、心臓や消化器など様々な病気の診断に重要なのが超音波診断装置(エコー装置)。
犬、猫だけではなく、うさぎやフェレットなど小型動物でも行う検査です。
例えばうさぎでは生殖器疾患(子宮疾患)、フェレットでは心臓疾患や副腎疾患・リンパ腫などで必要となります。
レントゲンだけでは分からない、身体の内部構造をチェックする事が可能になります。

先日、ある超音波装置のデモをして貰えることになり、自宅に持ってきて頂きました。

私達夫婦と、ぼたもち(犬代表)、とらえもん(猫代表)、もめん(うさぎ代表)全員でデモに参加。
どの臓器が、どのように見えるのかをチェックさせて頂きました。
ぼたもち、とらえもんはじっと我慢し協力してくれたのですが、もめんはさっぱり。

ただ、エコー検査後のとらえもんは若干放心状態となってしまいました。

しかしその甲斐もあり、画質の評価を充分にすることができました。
ある程度の大きさのワンちゃんから、超小型の動物まで幅広く診断出来る事を重視して、こちらの機械を導入することに決まりました。

これからも彼らの協力のもと、開業準備を進めて行きたいと思います。

関連記事

  1. 秋の健康診断キャンペーンのお知らせ

  2. 胆嚢破裂の手術

  3. ワンちゃんネコちゃんの食事台

  4. リンパ管拡張症(タンパク喪失性腸症)

  5. 病院の仲間①とらえもん

  6. 心肺停止時に救える命を増やすために

最近の記事

PAGE TOP