「予防は治療に勝る」 ~エラスムス~

今日のタイトルはエラスムスの名言を頂戴しました。

そうなんです。
もうすっかり冬ですが、まだまだ秋の健康診断キャンペーンは続いているんです!

もちろん春のキャンペーンと同様、かなりお得に、且つ十分な検査ができるようにしています。

小鳥、フェレット、うさぎの健診パックも用意していますので、この機会に受診いただければと思います。

なお、超音波検査を組み合わせた検査をご希望の方は、基本的に日中お預かりしての検査となります。
午前中お預かりして、午後にお返しする、という流れになりますのでご了承ください。

秋の健康診断キャンペーンのページはこちら

当院でも早速、愛猫とらえもんも健康診断を行いました。
なぜか?というと最近やたらと食欲が増してきたため。
「食欲がある」=「健康」、と思われている方がほとんどですが、食欲の増加する病気もありますので注意が必要です。
猫ちゃんでは甲状腺機能亢進症、という病気がその最たるもの。

恥ずかしながらドキドキしつつ結果を待ちました。
結果から言えば、中性脂肪が少し高かったもののそのほかは全く異常なし。甲状腺ホルモン値も正常範囲でした。

また、8歳以上の猫ちゃんでは腎臓の機能低下を早期に診断するため、尿検査も強くおすすめしています。
中でも、UPC(尿タンパク・クレアチニン比)という検査は、血液検査より早く腎臓の機能低下がわかります。

もちろん、とらえもんもUPC検査を行っています。
結果は、正常範囲!

まだ腎臓の機能低下は(検出出来るほどには)起こっていないということがわかりました。いち飼い主として、ほっとしています。

一般尿検査とUPC検査は、朝一番の尿が最適とされています。
採取できなくても、病院で採尿できる方法もあります。お悩みの場合はご相談ください。

本日の写真は、当院唯一?のかご犬、ももちゃん。待合室でも、かごの中で落ち着いて待ってくれています。
間違っても売り物ではありませんので、見かけても持って帰らないようにしてくださいね!

この記事を書いた人

院長 伊村啓
院長 伊村啓
動物病院は、飼い主様と一緒に、大切な家族である動物たちの幸せを考え、不安や苦しみを解消する場です。検査もただ行えば良いという訳ではありませんので、必要な理由をきちんとご説明した上で進めていきます。筋道を立て、とにかく分かりやすく説明する事には特に力を入れています。

関連記事

  1. 猫ちゃん、ホテル満喫中

  2. ハムスターのリウマチ性関節炎

  3. 嬉しい再会

  4. ハリネズミの人気名前ランキング

  5. エキゾチックペットの国際セミナー

  6. 爪切りだけでも動物病院へ!

最近の記事

PAGE TOP