暑い日はペットの体調にも要注意

みなさま暑~い夏をどうお過ごしですか?
私はつい先日、人生で初めての熱中症になりました。軽いものだったのですぐ回復しましたがそれでも上から下から…(汚い)
ひどい目にあいました( ゚Д゚)
人間でもこんなに簡単に熱中症にかかるのに、暑さを訴えることのできない動物達ってどうなのかなって思いませんか?

動物は暑い環境、寒い環境それぞれ好みの気候が違います。爬虫類、両生類などは暑い国にいるイメージが強いですね。
私たちの身近なペットでチンチラやフェレットなどはもともと涼しい環境で暮らしていたため、非常に暑さに弱い動物といえますね。もちろん熱中症になりやすいですし、暑さのストレスから体調を崩して来院する子も増えています。
カメさんも夏場の日光浴は要注意です!普段の調子でお外に出していたらあっという間に高温に、気づいたらグッタリなんてことも。
他にもうさぎや小動物など身体に小さい動物達は短時間で熱中症になってしまいます。
自分で体調の変化を訴えられない分飼い主さんがよく観察してあげることが大事ですね。
屋内でクーラーのない部屋で飼っている方は飼育環境に温度計をおくことをオススメします。自分はそうでもないと思っていても以外に30度近くまで上がってることも…

食べ物も普段より腐りやすいです。自分たちの食品を気にかけるように動物たちの食品にも配慮が必要です。置き餌なども注意してみてあげましょう。

あとはなにより水分補給!!なるべくこまめに水を飲ませてあげるようにしましょう。

それでも熱中症になってしまった場合、病院では何をするのでしょうか?

素早く身体を冷やす(身体に水をかけたりして体温を下げる)、バイタルチェック、血液検査、など。
循環を確保するために点滴が必要な場合、静脈から血管を確保して冷やした補液を流します。
状態によっては長期の入院になったり、命に関わることも!とにかく早く病院に連れてきてもらうことが大切です。
IMG_6657 IMG_6658

細かい気配りと、素早い対処で我が子と夏も元気に過ごせるように頑張りましょう~!!

この記事を書いた人

看護師 山田
看護師 山田
看護師長として責任もありますが、やりがいも感じています。スタッフ全員が働きやすく、暖かい雰囲気の職場を目指しています。年齢関係なく話しやすいフレンドリーな師長を目指して頑張りたいと思います。

関連記事

  1. おしっこが詰まると…

  2. あれ!?うちのこ眼が白いかも・・・

  3. 動物病院の大晦日~2017振り返り~

  4. 雪と動物と戯れてきました☆

  5. フェレットの消化管内異物(手術画像あり)

  6. この時期におすすめのフィラリア予防

最近の記事

PAGE TOP