フェレットの診療 目次フェレットは、ネコ目イタチ科の動物です。人にも良くなつき、好奇心が旺盛で遊び好き。ペットとしては珍しく完全な肉食で、一般的な寿命は7~8年とされています。
診察や入院などのストレスには比較的強いですが、長時間の保定をいやがる子が多いので、検査はできる限り短時間で終わらせる必要があります。
フェレットには特徴的な病気が多く発生しますが、ワンちゃん・ネコちゃんと同様に各種検査が行えますので、定期的な健康診断を行う事で、早期発見・早フェレットページ用 切り抜き期治療を行っていく事が出来ます。

当院では、フェレットのための健康診断パックをご用意しています。
中年齢以降、定期的に行う事で副腎疾患、インスリノーマや心臓疾患などフェレットに多く発生する病気の早期発見につながります。
ホテルの詳細はこちらをご覧ください。

診療内容一般診療:健康診断、飼育相談・飼育指導
予防医療:ジステンパーワクチン接種、フィラリア予防
各種検査:血液検査、レントゲン検査、超音波検査(心臓・腹部)、糞便検査、尿検査、皮膚検査
内科疾患:副腎疾患、インスリノーマ、腫瘍疾患(リンパ腫など)、循環器・呼吸器疾患、消化器疾患、肝疾患、腎疾患
外科手術:副腎腫瘍摘出、インスリノーマ摘出、胃切開・腸切開、脾臓摘出、膀胱結石摘出など

 

以下の様な症状の時はまずご相談下さい
元気・食欲がない
嘔吐・下痢
背中の毛が抜けてきた
尿が出ない
動きが悪く、よくぼーっとしている事が多い
涎を垂らす・口を気にする
呼吸が荒く、苦しそう
お腹がふくれてきた
耳が汚れている

料金目安(税別)
初診料  1000円
再診料  500円
爪切り  500円
便検査  700円~
尿検査  1000円~
ワクチン 4000円

フェレットの消化管手術についてはこちらの記事
フェレットの腎癌摘出手術についてはこちらの記事
フェレットの胃内異物摘出についてはこちらの記事

フェレット飼い方ごはん餌ケージなどの説明 ごはんについて
フェレットを飼育するのであれば、ごはんについて正しく理解しておく必要があります。
フェレットは完全な肉食動物で、盲腸がありません。効率的に炭水化物を利用する事ができないため、フェレットのフードは高脂肪かつ良質な動物性タンパク質が含まれている必要性があります。札幌の多くのペットショップでもフェレット専用のペレットフードが売っていますので、それを与えるのが簡便です。様々なフードがありますが、粗蛋白量が30~35%、脂肪分が15~20%、粗繊維は2%以下のものを選ぶようにしましょう。一日に必要なカロリーは1kg当たり200~300kcal(1頭換算のフード量:50~70g)ですから、体格や肥満具合に併せて調節しましょう。水はいつでも飲めるようにケージ内に設置する必要があります(1日75~100ml程度飲みます)。
※キャットフードはフェレットのものにくらべ低蛋白のため、専用のフードを選びましょう。

温度・環境について
フェレットは寒さに強く、暑さに弱い動物。汗をかいて体温を下げる事が出来ないので、32℃以上の気温には耐えられません。理想は20~24℃、湿度40~60%で管理するようにしましょう。
ケージ内にはハンモックなどの寝床とトイレを設置しておくといいでしょう。若いフェレットは、運動不足を解消するため一日に一度はケージから出して遊ばせるようにしましょう。
※外で遊ばせる場合には、異物を飲み込まないよう、細心の注意を払ってください!フェレットは異物誤食での腸閉塞が大変多い動物です。

 

TO TOP