エキゾチックアニマルの診療 目次

当院では、エキゾチックアニマル(イヌ・ネコ以外の小動物)の診療に力を入れています。
近年、エキゾチックアニマルのペット飼育数が増加するに伴い、病気や治療の情報は次々に新しくなっています。しかし、イヌやネコのように充分な検査が出来ない種類が多い事もあり、まだまだ分からない事も多く残っています。また、生態や飼育について情報が不十分なことから、病気を引き起こしてしまう事も珍しくありません。

当院では「どんなに小さくても、大切な家族の一員」という想いから、正確な知識と診断に基づいた治療を心がけていきます。
そのために、常に新しい情報を学び、治療に生かしていく事をお約束します。また、正しい情報を飼い主様に積極的に伝え、可能な限り病気を減らせるよう努力していきます。
病気になってから来院するだけでは無く、病気にならないために、飼育を始める際にも是非一度ご来院下さい。
飼い主様の不安を一つでも減らす事が私達の願いです。

動物種別診療情報
フェレットの飼育と病気インコ 小鳥 セキセイ オカメ札幌 ハムスター画像モルモットボタンジリス病院ボタン札幌チンチラ病院ハリネズミボタン
カメボタン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来院時のお願い 目次

小さな動物たちの待ち時間をできる限り少なくし、十分な診察を行うため、診察は予約優先とさせて頂きます。直接ご来院されても診察は可能ですが、状況によってはお待たせする可能性もございますのでご了承下さい。
病院には、さまざまな動物たちが来院します。脱走やペット同士の事故を未然に防ぐため、必ずキャリーケースや鳥かごに入れた上でご来院下さい。特に冬場の来院時には、急激な体温の低下を防ぐために湯たんぽなどで保温をして来院するようにお願いします。

犬・猫・エキゾチックアニマル診療

うさぎ、フェレット、げっ歯類(モルモット、ハムスター、チンチラ、デグー、スナネズミ、ジリス、プレーリードッグ、ラット、リス)
鳥類(セキセイインコ・オカメインコ・文鳥など)
爬虫類(カメ、トカゲなど)
両生類(アホロートル、カエルなど)
フクロモモンガ、ハリネズミ

TO TOP