ハムスターのリウマチ性関節炎

カテゴリー:

IMG_1631

IMG_1629

四肢が変形しているため、アシカのように足が床にぺたんとくっついて歩いています。

IMG_1632

四肢に同様の腫脹がみられます。手根関節・足根関節に重度の変形と疼痛がみられます。

リウマチ性関節炎とは、犬に良く発生する疾患です。
ジャンガリアンハムスターで四肢の腫脹と疼痛がみられました。
抗生剤・消炎治療に反応せず、さらに腫脹が悪化し関節の変形もみとめられたため、リウマチ性関節炎を疑いました。

免疫抑制量のプレドニゾロン(ステロイド剤)を投与し始めたところ明らかに炎症が鎮静化してきました。
残念ながら一度起こってしまった関節の変形は治す事はできませんが、痛みと炎症が緩和される事で生活の質は向上します。

リウマチはハムスターで多い疾患ではありませんが、除外診断をしつつ他の動物で確立している診断基準を当てはめることで、十分な検査ができない動物でも診断を絞り込む事ができます。

足が腫れて、歩き方が変化する他の疾患としては腫瘍や細菌感染症、骨折などが考えられます。

歩き方の変化が見られた際には、進行しているかどうか、何かきっかけがあって腫れ始めたのか、ご家族で確認のうえご来院下さい。